本物のオーガニック(有機)精油・コスメとは何か?




安心のお約束

ナチュラスサイコスのエッセンシャルオイルは100%天然で無添加です。

1,500円から定形外郵便無料で安心価格でいつでもお試し購入いただけます。

当店のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルにはロットナンバーと品質保持期限、品名、抽出方法、抽出部位、原産国、学名などがラベルに印字されています。

アロマオイル・精油・エッセンシャルオイル

当店のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルや植物油、芳香蒸留水にはロットナンバーと品名、消費期限が分かるシールが貼り付けられているので大変便利です。

化粧品製造販売許可取得の会社で単なるエッセンシャルオイルを販売する雑貨店ではなく安心。アロマオイル・精油・エッセンシャルオイルや化粧品原料は化学系の知識が豊富な当店にお任せくださいませ。尚、化粧品製造許可・化粧品製造販売許可を取得に際しては化学系、もしくは薬学系の人的要件を薬事法に基づき満たしていることが許可の条件となります。

日本最大級のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイル取扱い数。アロマオイルを170種類以上取り扱いで心置きなくアロマの世界に浸れます。

エッセンシャルオイルをオリジナルラベルのOEMの納品が可能でサロン様も安心の上、ビジネスを展開いただけます。

当店ではエッセンシャルオイル・アロマオイル・精油の3つの言葉を同義語として記述しています。どのエッセンシャルオイルやその他の植物油等も100%天然のものです。ご安心の上、お楽しみくださいませ。

当店ではアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルを販売する際に関係する薬事法、その他の法令を遵守しています。

当店ではご安心の上、アロマオイル・精油・エッセンシャルオイルをお楽しみいただけるように、販売に際し、製造物責任賠償保険(PL保険)に加入しています。

SSL

当店ではご安心の上、エッセンシャルオイルのご注文をいただくため、ご注文メールフォーム、カタログご請求画面、お問い合わせ画面にてSSL通信を行いご入力内容を暗号化送信しています。また、ショッピングカートも同様にSSL通信を行いお客様情報を送信しております。

エッセンシャルオイルや天然素材をもっと身近な「化粧品」に応用が出来ないか。その考えの下弊社では化粧品製造販売許可、化粧品製造許可を取得しました。

当店のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルは月間約20,000本以上出荷されています。

当店のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルは全国の幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、大学院、老人施設、医院、歯科医院、美容院、マッサージ店、リラクゼーション施設、温泉施設、化粧品メーカー、自動車ディーラーなど全国のありとあらゆる業種の皆様や個人のお客様にご愛用いただいて早10年になります。

ナチュラスサイコスはオーストラリアからの天然アロマオイル・精油・エッセンシャルオイルを取り扱いしています。オーストラリアからの天然製品の素晴らしさを一人でも多くの方に知ってもらいたいという願いがあります。

当店のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルやその他の製品は動物実験を行わない仕入先からの製品です。

当店のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルは品質と価格のバランスが優れていることが自慢です。安いだけのアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルではなく香りを重視して仕入を行っているため、同じようなお店があるが、香りが違うとご好評をアロマテラピストなどの専門家の方々にも多数お声を頂戴しております。

尚、当店の有機認定アロマオイルやスキンケアはオーストラリア政府外郭団体であるAustralian Certified Organicにより原料が有機栽培されたトレーサビリティーの確保されたアロマオイル・精油・アロマオイルやスキンケアであることを保証された製品です。より信頼性の求められるシーンや製品の付加価値を与える際に弊社のACO有機認定アロマオイルやスキンケアをご利用くださいませ。

本物のオーガニック(有機)精油・コスメとは何か?

「ナチュラスサイコスACO認定取得製品ライン」はナチュラスサイコスのオーガニックレンジの総称です。今日まで日本の精油をリーズナブルにを合言葉に約10年前にナチュラスサイコスをスタートしました。その後、精油を取り扱い様々なお客様に出会いお話をお伺いする中で本物のオーガニック精油を手にしたいというお声を数多く頂戴いたしました。それはやはり昨今の偽装事件などの影響もあるかと思います。

そこで弊社はオーガニックでは日本の約15年ほど先を行くと言われるオーストラリアに答えを求めました。国内にはコスメや雑貨分野において明確なオーガニック基準がありません。(有機JASは野菜などの農産物を規定する認証です。日本では農産物は農林水産省、化粧品は厚生労働省と管轄が違うため今後も統一の規格は難しいのではないかと考えます。厚生労働省に有機認定が存在しないことから国内の有機化粧品に対する国レベルでの意識の低さが垣間見えます。もちろん民間団体は仕組みを構築しようとする動きがありますが、キチンとしたものは存在しません。)農薬や化学薬品による汚染を嫌うオーストラリアでは早くから有機農業の基準が制定されました。それがAustralian Certified Organic有機認証です。

有機認証は商売じみたものから政府の管轄の下に行われるものまであります。米国ではUSDA、ヨーロッパではEU、日本ではJAS、オーストラリアではACOなどが政府もしくは政府の登録機関として認証を行っています。中には実態のないものや極端に基準が低いものなどがありますが、弊社は世界で最も厳しい有機基準の一つであるACOを取得しました。

オーガニック農業はその手間から農業従事者達から煙たらがれる存在で、その真面目な農業をしている人たちの声を聞いて欲しいという願いから販売を開始いたしました。

「ナチュラスサイコスACO認定取得製品ライン」は下記の8つの厳格なルールのもと製品化されています。

1.第三者(政府登録機関)が定めた基準を満たしたもののみを製品として出荷します。
2.栽培の過程や、加工の過程で一切の化学薬品や農薬といった土壌、製品を汚染する可能性のあるものを使いません。
3.一部の化粧品では保存料などの成分についてACOが許可した食品レベルの成分のみを使用します。
4.製品トレーサビリティーの確保に全力を注ぎます。
5.オーガニック製品の汚染防止措置に全力を注ぎます。
6.動物実験に反対しています。
7.長い目で見て有益で安全な製品のみをご提供します。
8.どなたにでも安心してご使用いただける製品作りを目指します。


あなたも本物の認定オーガニック製品を是非この機会にお試し下さい。

オーガニック製品の基礎知識

オーガニック認証を取得した業者以外は小分けや製造が出来ません。
オーガニック認証を取得していない業者が「認証製品」と謳い販売しているのを見かけますが、明らかなルール違反となります。
そのような偽装に手を貸してはなりません。認定を受けた製品を小分けなどの加工を一切せずに仕入先ラベルのまま販売する分には問題はありません。

認証を受けていない業者が小分け充填や製品化をした時点で認証ロゴマークは使用することができません。
なぜならば基準に則っていない施設での充填や製造はオーガニック製品の汚染の直接的な原因になるからです。
また記録などもつけられていないため、本当に該当製品がオーガニック製品であるとは言い切れなくなります。
そのような業者をお見かけの際は認証機関に通報する義務が我々認証取得業者にはございます。ご一報くださいませ。

通常の小売店では仕入れて販売しているだけなので、海外からマージンの多く乗った状態の製品を仕入れて高く販売せざるを得ない。認証製造施設がないため、バルクで仕入れることができないため、海外メーカーに全てマージンを持っていかれてしまうから高く売るしかない。販売力があるかどうかわからない小売店には供給元は安くは卸さない。などの悪条件が重なり販売価格が跳ね上がる。これが国内の認定有機製品の流通の実態です。

今までの仕入実績と長年にわたる仕入先との関係が仕入れ価格をグッと抑えることができる。仕入先は一社に絞らずに何社かに振り分けて競争させる。しかも毎月かなりの量の仕入れを行うため、海外の業者は弊社の価格交渉に柔軟に対応してくれる。バルクで購入するので仕入先の手間がかからないため、大幅なディスカウントを更に得られる。また、ACO認証を取得している日本の企業はごくわずかなため、仕入先販売力があると見なすため、極限まで仕入れ値が下がった状態で輸入するとができる。その極限まで下がった製品を自社内の認定施設で全ての作業を完結するため、外部にコストが出ず、低コストでの運営が可能になります。また、弊社では大きな宣伝費やコストのかかる路面店舗などを持たず、インターネットにて直販しているため、自然に売価が下がります。でも品質も、トレーサビリティー、化粧品製造用に用いる書類なども全て満足のいくものが得られます。

 

オーガニックとは何か? 単に「農薬と化学肥料を使っていない。」という間違った考え方をアロマを通して変えていきたい。まずはオーガニックとは何かを理解することから始めてください。 現代の典型的大規模農法手順 遺伝子組み換えによる農薬に強い品種開発 開発品種を上、農薬を大量散布→作物は農薬に強いので雑草だけが枯れる→土壌が弱くなるので化学肥料を散布→早く育てて市場に出荷→農薬や化学肥料を多く含んだ作物と汚れた土壌が出来上がる。コンテナ船などで長期に渡り輸送するので防腐剤を散布→仲買人を経て消費者へ オーガニック農法手順 予め定められた基準の中で遺伝子組み換え品種、農薬、化学肥料を一切使わない。 普通に耕して土に酸素を多く取り込んでやる。化学肥料を使わない代わりに、同じくオーガニック環境で育った牛のフンなどを散布→雑草が生えるので雑草だけ刈り取る。収穫する。一定の取扱い基準の中でメーカー、仲買人が取り扱い→認定マークの付与→消費者へ→毎年基準に沿って運用されているかを有機認証機関がチェックを行う。 明日の地球のために、子供達の笑顔のためにどれくらい凄いかではなくどれだけやさしいかへ ハーバルインデックスは先進からポジティブな後退を始めています。

 

 

オーガニック加工者認証について

弊社は日本でも数少ないACOオーガニック製品加工者認証を取得しています。オーガニック製品に対する汚染や適切な取り扱いがされているかどうかを証明するものです。弊社ではオーガニック先進国である豪州で最も厳しいAustralian Certified Organic認証を取得しています。日本の農林水産省も信頼のおける海外登録機関としてACOを登録しています。

 

社団法人日本アロマ環境協会表示基準認定適合精油

弊社の精油は環境省所管団体である社団法人日本アロマ環境協会の法人会員であると共に、認定制度の対象である単体精油について表示認定を取得しています。


弊社のオーガニックについての考え方

現状日本国内には食品に関する国産有機規格である有機JASを除き、当店の取り扱う雑貨、化粧品、化粧品原料においては明確なオーガニック基準がないと弊社では認識しています。弊社は創業10年目になりますが、現在まで販売を行ってきた従来品の中にもいわゆるオーガニック品はございましたが、第三者が認めていないものをオーガニックと謳い販売することに違和感を感じていました。巷にはオーガニック化粧品と謳いながら全く基準のないものや中には70%の原材料にオーガニック化粧品原料を使っているというだけで「オーガニック化粧品」と謳って販売がされているものも数多く存在します。そのような基準のないオーガニック製品やウソ偽りある表示のされている製品を販売する存在ではありたくありません。


「オーガニック」という言葉が独り歩きしている日本の実態を変えたい

オーガニックっていったい何ですか?この問いかけに対して明確な回答を出来るオーガニック製品を扱う業者様や消費者の方はいったいどれだけいるでしょうか?中には「オーガニック=天然」という認識の方も数多くいらっしゃるのではないでしょうか。この認識は全くの誤りです。特に製品を売る側でなく、買う側は特に注意しなければいけません。なぜなら「オーガニック=天然」の認識のもとに長年使い続けていたものが実は先の70%オーガニック原料で出来た製品で残りの30%は化学合成された原料であったならば「オーガニック」という表示は全く判断基準として意味を成していないからです。弊社はその「理想と現実のギャップ」を何とか乗り越え、本当の意味での「オーガニック」を提案していけないかと考えたわけです。

本物のオーガニックとは何か。現状国内に頼れる有機基準がないからオーガニック先進国の豪州にその答えを求めた。

 

「オーガニック」の答えがどうして豪州に行き着いたのか

社長の私は約10年前になりますが、約3年間オーストラリアに滞在していた時期があります。その期間オーストラリアの自然や安全ということの本質、それに携わる人間の純粋さを肌で感じてきました。大手のハンバーガーチェーンや牛丼チェーンはどうして「オーストラリア産ビーフ使用」、大手量販店は「タスマニアンビーフ」とオーストラリアの家畜の安全性を全面の押し出すのでしょうか。これはオーストラリア大陸が他の大陸から独立しており、農薬や化学肥料に対して厳しい目を持って生活しているからに他なりません。

 

ACOとは

ACOとはAustralian Certifed Organic(オーストラリアン・サーティファイド・オーガニック)の略で、1980年頃にオーガニック製品の保全を目的に農業経営者の間で設立されたオーストラリアの非営利団体BFA(Biological Farmers Of Australia)が設定を行った基準でオーガニック(有機)認定を行うオーガニック認証機関です。ACOの厳格な基準はドイツのオーガニック農業の世界最大の機関であるIFORM(International Federation Of Agriculture Movements)やアメリカのUSDA(United States Department of Agriculture National Organic Program)、日本のJAS有機認証(the Japanese Organic Standard)、欧州のthe EU Organic regulations等にも適合しています。また日本の農林水産省はACOを登録外国認定機関として登録しています。弊社は日本でも数少ないACO加工者認証を取得しています。また、オーガニックについての情報を幅広く入手するため、BFAのメンバーでもあります。

第三者が監視していないオーガニック製品を有機と謳っていいのだろうか。

 

世界でも最も厳格な基準の一つAustralian Certified Organic認証の取得

弊社はACO(オーストラリアン・サーティファイド・オーガニック)の加工者認証を取得しています。国内に「正しいオーガニック製品をリーズナブルに流通させたい」という願いから手間ひまや弊社のこれまでの蓄積したノウハウを総動員し、外部コンサルタントなどは入れずに完全自社にて取得しました。このため、通常は高価なオーガニック認証製品をリーズナブルに提供することができるようになりました。

PROCESSOR 11224P AUSTRALIAN CERTIFED ORGANIC

オーガニック製品流通の仕組み

オーガニック認証製品はどのような経路でどのような人々によって流通しているのでしょうか。こちらでは栽培者から消費者の皆様のお手元に届くまでをACOのオーガニック基準の具体的内容にまで踏み込んで見てみましょう。具体的な基準書(英語原文)はこちらからダウンロードできます。オーガニック製品は栽培から我々のような最終加工者まで一貫した基準のもとにオーガニック製品を取り扱っています。弊社ももちろんこの基準に則り、設備や汚染防止対策を行った施設で必要な加工(輸入、充填や保管)などを行っています。



オーガニック基準書のダウンロード


<栽培者の基準>

オーガニック基準の中で最も負担を強いられるのが、この栽培者の工程です。認証を取得するまでに最低1年はかかります。この工程の認証では農薬や化学肥料の使用禁止や農業従事者の健康管理、設備、農業用水の水質コントロール、防虫防鼠の対策、ノンオーガニック品との混在、汚染の防止などの厳しい基準を満たした農業従事者だけが認証を取得することが出来ます。


<加工者の基準>

弊社もこの加工者(PROCESSOR)に含まれます。加工者の基準は国内薬事法に基づく化粧品製造業許可や製造販売業許可などに近い概念を持っています。その上にオーガニック製品の汚染の防止措置、水の使用基準、万一際の回収の手順、衛生管理の手順書と記録、オーガニック品保全のためのワークフローと記録の仕組みが構築されていることが認証の条件になります。中にはなるほどと思うものとして器具を洗浄するための洗剤も予め登録する必要があります。登録以外の洗剤は使ってはなりません。いくら中身がオーガニックで一定の手順に則って作業していたとしても化学合成の洗剤を使っては全く意味をなさないためです。当たり前ですが、申請書類、手順書まで全て英語で準備されていなければなりません。国内での運用のためには日本語のマニュアルや記録するためのデータベースも必要になります。販売に際しては表示ラベルの認証も受けなければなりません。承認されたラベル以外での販売は固く禁止されています。弊社のオーガニック加工者ナンバー(PROCESSOR NUMBER)は11224Pになります。

オーストラリアの純粋さを日本に伝えて行きたい。使命として成し遂げたい。

 

 

 

   

エッセンシャルオイル・アロマオイルの販売

ハーバルインデックス有限会社