業界最安の費用で化粧品輸入代行




化粧品輸入代行



化粧品の輸入について

化粧品の商用輸入には国内薬事法に基づく化粧品製造業許可、化粧品製造販売業許可が必要です。化粧品製造業許可や化粧品製造販売業許可の取得には人的要件、構造設備的要件、その他GVP、GQPに基づくルール整備が必要となり、コストも大きな額になります。また、行政への届け出や輸入許可取得等煩雑な書類作成、提出が必要になります。このことにより通常は化粧品輸入の経験がある専門業者に依頼するのが一般的です。

化粧品の輸入に関する概念

化粧品の輸入には「自社で製造したものと同等の責任」が薬事法上、化粧品製造販売業者に課されます。これは中身の分からないものを国内で流通させずに国民に被害が及ばないようにするためのものです。化粧品を個人輸入し、販売する行為は薬事法に違反します。最悪の場合は罰金や刑罰などの対象となります。その他、輸入通関のコツや海外メーカーとの連携が必要不可欠となります。

最低必要ボリューム

少量でももちろん可能ではございますが、分析等にかかる初期コストを考えた場合、トータルで1000ヶほどが経済ロットです。

化粧品の輸入のリードタイムについて

初回トータルで2ヶ月程。2回目以降は現品が弊社到着後2〜3週間程

必要経費

〈都度かかる経費〉
・商品代金
・海外輸送費、国内輸送費(容積・重量が大きくなる場合は船がお得です。お見積もり無料でいたします。)
・関税、消費税(輸入時に課税。品目毎に異なりますので詳しくは税関にお尋ねくださいませ。)
・日本語ラベル薬事校正費(1品目につき21600円/1品目追加毎に5400円)
・検品、日本語ラベル貼り付け工費(最低ロット時216円/個。数によって異なります。多いほど安くなります。)
・海外銀行送金手数料(弊社にて送金の代行もいたします。ただし、一部送金が出来ない国があります。)

〈初回、メーカー処方変更時のみかかる経費〉
・レギュレーション分析、その他分析費用 例)レギュレーション分析86400円/品目(初回、処方変更時のみにかかります。)
・薬事輸入外国製造所届出費用(初回のみです。例)1品目目16200円/1品目追加毎に5400円。3品目であれば26250円)
・薬事輸入届出費用(初回のみです。例)1品目目16200円/1品目追加毎に5400円。3品目であれば27000円)
・薬事製造販売届出費用(初回のみです。例)1品目目16200円/1品目追加毎に5400円。3品目であれば27000円)

輸入化粧品の流れ

輸入のご相談(輸入のボリュームやコストのご相談、流れのご説明等をさせていただいております。
弊社各ショールームでの対面でのご相談も可能です。)

お見積もりの提示(分析費用、日本語ラベル作成・薬事校正、ラベル貼り付け作業費等)

お見積もりに問題がなければ現物サンプルの入手、弊社へご送付

全成分のプレチェックと輸入可否の書類やラベルによる一次判定

分析費用のご請求とお支払い(万一、現物の成分で輸入不可となった場合、ご返金はいたしかねますのでご了承くださいませ。)

レギュレーション分析、その他分析(輸入品と同等の現物を国内薬事法ネガティブリスト、
ポジティブリストの成分についてチェックし、輸入可否の最終判定。必要に応じて微生物試験、耐性試験等を行います。)

分析で問題なければ行政の届け出と輸入許可の取得

輸入許可取得次第、輸入手配

弊社へ入荷、検品・ラベル貼り付け

お客様へお届け


その他弊社にてお手伝い出来ること

・現地との英語によるコミニュケーション。
・外貨決済代行(ほとんどの通貨で決済可能です。)
・オーガニックコスメ輸入アドバイス(当社の強みです。)
・Australian Certified Organic有機認定、USDA有機認定、COSMOS ORGANIC並びにNATURAL認定の取得(完成品が認定されている必要があります。必要な表示や現地機関への認定申請等弊社にて全て代行いたします。)
・日本語版ラベル作成代行(自社内にて耐水、耐薬性ラベルを出力可能です。)
・現地での物流手配
・大量の輸入の場合の船便手配、国内陸送手配、保管

業界最安の費用で化粧品輸入代行

ハーバルインデックス有限会社